きじとら出版

だいすきな本、
  ひろがる世界

だいすきな本、
  ひろがる世界

2019.03.02メディア紹介

「この本読んで!」2019年春号

『ジャーニー 国境をこえて』(フランチェスカ・サンナ作、青山真知子訳)が、新刊紹介「今号の注目」として掲載されました。

★掲載誌:「この本読んで!」2019年春号(発行:出版文化産業振興財団)
★掲載ページ:「もう読んだ? 新刊100!!」p44

2019.01.10トピックス
メディア紹介

岡山県学校図書館協議会「読み聞かせたい絵本」

岡山県学校図書館協議会絵本研究部会作成の「読み聞かせたい絵本」に『ジャーニー 国境をこえて』が掲載されました。

●掲載資料:「読み聞かせたい絵本」No.35(2018年12月)
●配布先:岡山県内の幼稚園・小学校・中学校・高校
●配布時期:2018年度3学期

2019.01.04メディア紹介

柳田邦男氏コラム「おとなが読む絵本」

月刊『看護管理』1月号にて『ジャーニー 国境をこえて』(フランチェスカ・サンナ作、青山真知子訳)のご紹介をいただきました。

★掲載誌:『看護管理』2019年1月号(医学書院発行)
★評者:柳田邦男氏(ノンフィクション作家)
★掲載コーナー:「おとなが読む絵本:ケアする人、ケアされる人のために」第150回
★タイトル:人は何を求めて旅に出るのか……

=========================
あまりに深刻な逃避行であるせいか,イラスト風の明るい絵で難民の逃避行遍歴の表現をしている。
〈いつかきっと,安心してくらせるところへ,たどりつけますように。そこが、新しいふるさとになってくれますように。〉
この言葉を,私たちはしっかりと受け止めよう。
=========================

2018.12.29メディア紹介

「週刊読書人」2018年回顧

書評専門紙「週刊読書人」2018年回顧記事にて『ジャーニー 国境をこえて』(フランチェスカ・サンナ作、青山 真知子訳)が紹介されました。

★掲載紙:「週刊読書人」(株式会社読書人、2018年12月21日発行)

★掲載コーナー:「2018年回顧 児童文学」(p6)
★評者:土居 安子氏(大阪国際児童文学振興財団理事・総括専門員)

☆―――――――――――――――――――――――――――――☆
父を戦争で亡くし、難民となって国境を越え、旅を続ける家族の様子が少女の視点から語られている。絵からは家族の恐怖や不安が読み取れる。
☆―――――――――――――――――――――――――――――☆

※デジタル版記事【週刊読書人ウェブ】:https://dokushojin.com/article.html?i=4741

2018.12.21トピックス

全国学校図書館協議会選定図書

今年刊行の絵本2点が全国学校図書館協議会選定図書(第1558回選定)に選ばれました。

『おやすみなさい トマトちゃん』
(エリーザ・マッツォーリ文、クリスティーナ・ペティ絵、ほしあや訳)

『ジャーニー 国境をこえて』
(フランチェスカ・サンナ作、青山 真知子訳)

※学校図書館速報版(2018年12月1日)掲載

2018.12.15トピックス

「やまねこ賞」絵本部門入選!

2018年やまねこ賞の絵本部門にて『ジャーニー 国境をこえて』(フランチェスカ・サンナ作、青山真知子訳)が2位に入選しました。

【主催】やまねこ翻訳クラブ
【発表】メールマガジン「児童文学翻訳」12月号(2018年12月15日発行)

※やまねこ翻訳クラブHP:http://www.yamaneko.org/
※メールマガジン「児童文学翻訳」紹介ページ(まぐまぐ): https://archives.mag2.com/0000013198/20181215121000000.html

2018.11.24トピックス

日本子どもの本研究会選定図書

『ジャーニー 国境をこえて』(フランチェスカ・サンナ作、青山真知子訳)が日本子どもの本研究会選定図書になりました。(10月選定・中級から)

 

●2017年アムネスティCILIP特別賞(ケイト・グリーナウェイ賞)
●全米イラストレーター協会ゴールドメダル
●エズラ・ジャック・キーツ賞次点
●第24回いたばし国際絵本翻訳大賞(英語部門)受賞作品
●アムネスティ・インターナショナル日本 推薦

2018.11.15メディア紹介

「絵本フォーラム」第121号

『ジャーニー 国境をこえて』(フランチェスカ・サンナ作、青山真知子訳)のご紹介をいただきました。

 

☆掲載紙:「絵本フォーラム」第121号
(NPO法人「絵本で子育て」センター 2018年11月10日発行)
☆掲載コーナー:土居安子のおすすめ絵本

☆評者:土居安子氏(大阪国際児童文学振興財団・総括専門員)

 

================================================
希望と絶望を繰り返す旅の様子がカラフルな絵と黒を基調にした絵によって表現され、難民の厳しい現実と自由を求める思いを読者に伝えています。
================================================

2018.10.14メディア紹介

「ダ・ヴィンチ」2018年11月号

『ジャーニー 国境をこえて』が紹介されました。

 

★掲載誌:「ダ・ヴィンチ」2018年11月号(発行:KADOKAWA)
★掲載ページ:「注目の新刊情報」p201
★評者:石森康子氏

 

====================================
安住の地を求めてさまよう母と子の長い長い旅。
====================================

2018.09.21メディア紹介

「西日本新聞」2018年9月15日

『ジャーニー 国境をこえて』をご紹介いただきました。

 

★掲載紙:「西日本新聞」2018年9月15日(土)朝刊
★掲載コーナー:くらし「こどもの本」コーナー

 

☆―――――――――――――――――――――――――――☆
難民の少女たちの話をもとにした絵本。難民や移民の気持ちを知ることができる。
☆―――――――――――――――――――――――――――☆

2018.08.01トピックス

『ジャーニー 国境をこえて』作者トークイベント(8/23・東京)

9月新刊『ジャーニー 国境をこえて』の刊行を記念して、作者フランチェスカ・サンナさんのトークイベントを開催します。

 

●絵本という わたしの旅●(通訳付)

聞き手:関口英子さん(イタリア文学翻訳家)

【日時】8月23日(木)18:30~
【場所】ブックハウスカフェ(東京都千代田区神田神保町2-5 電話:03-6261-6177)
【参加費】1500円

※ブックハウスカフェに要予約